文鳥の日

 

 

10月24日は、文鳥の日。

手にしあわせ、という語呂だそうです。

 

今日は、現在 KiriToriSenで販売中の「ホヨヨボール」について少し書きたいと思います。

 

 

はじめにお迎えしたシルバーイノ文鳥のことりは、好奇心旺盛でとても元気な女の子でした。

次にお迎えしたシナモン文鳥のこむぎは、ペットショップで風切り羽をボロボロに切られて

いて、脚が弱い男の子でした。

「赤目の子は他の子に比べて弱い」

そんなふうに聞いていたので、余計な心配ばかりして過ごしていました。

でも、こむぎは男の子。

元気なことりの後を一生懸命追いかけて飛び回り、疲れ果てては眠っていました。

なにか落ち着いて休める場所を作ってあげたいと思い、ブランコやステップを設置して

みたり、巣を買って来てみたり。(こむぎは左後ろで入浴中)

バードテントを作ったこともありました。

いつもこれらを攻略するのはことりだけで、こむぎは怖がって近づこうとはしませんでした。

こむぎのために何か作りたい。

ある日、編み物中に邪魔ばかりしてくることりを見ていて思いつきました。

これで小さな筒状のものを作ったらいいかもしれない。

やっぱり。

ことりが、すっぽり入ったのです。

この初めての試作を1年かけて改良し、やっとこむぎも怖がらずくつろげるものが

出来上がりました。

いつもこのボールハウスに入って、ホヨヨ〜という顔をしているので「ホヨヨボール」

と名付けました。

 

鳥は360°の世界を見ています。

いつも何かに警戒し続けることは鳥の運命なのかもしれませんが、このホヨヨボールの

中にいるときだけは安心して過ごしてほしいのです。

 

ひとつずつ手編みしているので量産はできないのですが、そんな思いで作っている

「ホヨヨボール」です。

どうぞよろしくお願いいたします。